2005年05月05日

生存@OSLじむか〜な。

生存である。
本日より日付の計算が面倒くさくなったので
まことに勝手ながらタイトルを変更させていただく。


さて、本日はOSLじむか〜なであったわけであるが
オトに集合6時と言われた気がしないでもない。

ちなみに、起きた時の時間→7時

ちちちち遅刻ダァァァァー('A`)

トーストを咥えながら家を飛び出た次第である。
小生一人であれば遅刻したり
「マンドクセからやっぱイカネ」といっても問題ないのであろうが
本日はシンヤン氏が入院中のハチロクの変わりに
小生のシビ子たんを乗り回すとの事であった為、
スッポカースわけにはいかないのである。


そんなこんなで7:20ごろにOSL(桶川スポーツランド)へ到着。
いつもの面子(荒い氏@TDUMSC部長、オト、シンヤン、黒ハチ氏
+モータースポーツ部の新人君等
+AutoStaff社長率いるロードスター軍団という
豪華面子が集合していた、いやはや遅刻はするものではない。

皆にヘコヘコしながらエントリーを済ませる。
今回ダブルエントリー(1台で2人走る)するシンヤンは
ミドルU−170(170馬力以下の車)クラスであり
前回鬱になり初めてクラスとは決別した小生と同じクラスである。
つまりは走行順も近くなるわけで、問題なく走れるか微妙であるところである。

さて、今回出走する我が愛車シビ子たん。
前回のジムカーナから変わった点は以下の通りである。

・ロールケージ(仮組み(何))
・タワーバー(リア)+ピラーバー
・ブレーキパッド(Projectμ Comp-B for Gymkhana F:ノンアス R:メタル)

ブレーキパッドが変わったのが最大点であろう。
これでパイロンターン(カラーコーンを中心に180度回転とか)がかなり楽になるはずである。
ミドルクラス初参戦であるが、この時には「まあ、入賞できればよいかな」程度であった。

それ以上に心を悩ませていたのは
車バリバリ乗れて元FF乗りで、峠で隣に乗ると小生はつねにビビりまくりの
シンヤン氏が我がシビ子たんのステアを握るということである。

オーナー(持ち主)が、ポン乗りの人間にタイムで負けるということは
「おまえ、ぶっちゃけ今まで乗ってて何してたんだよ?(プ」と煽られる事であり
オトが一度、荒い氏にやられているわけで
小生としても気が気でなかったのである。

フリー走行終わって一息。

・・・・拙い。普通に早い。

小生はあそこまで乗りこなせていないであろう。
「プ・・・どうしたんですかオーナーがアレー?
 タイム○秒ぐらい差ついてますよアヒャヒャヒャ」
そんな光景が、一瞬脳裏に浮かんでは消えた。

こうなればジムカーナ本走行で勝つしかあるまい。

向こうの1本目・・・おお、パイロンタッチ。(三角コーンに触れると+5秒となる)
けど35秒台である。
(その時4位ぐらいのそれなりのタイム、というフレーバーで理解していただきたい)
さて、耐久レースのドライバー交代のようにシンヤンと交代し
小生がスターティンググリッドへ向かう。

それにしても、あまり緊張しなくなったものである。
最初なんて足ガクガクでエンストこいていた気がするが、
最近はアナウンスを聞く余裕すらある。

走っているときもそれなりに冷静に対処できる。
フリー走行時にリアのショックを硬くした所為であろうか、
サイドターン時に良い感じに流れてくれた。
少なくとも「どんだけ頑張っても流れねー」状態ではない。

走行終了。35秒台前半。
・・・こんなものかな、ストレートミスったから後2秒は縮められるかな。
そんなことを考えながら寝る。
どうも小生はジムカーナに行くと眠ってしまうらしい。
シンヤンが「そろそろ2走目だから退けゴラア」と乗り込んでくるまで
ありえないぐらい熟睡こいていたのである。

シンヤンニ走目へ。
普通に早い。ヤバイ、宇宙ヤバイ。

しかし途中で赤旗。(その場で停止しろというサイン)
また光電管ミスであろうか、計測ミスもOSLジムカーナの風物詩である。
別に腹立たしいとかそういうわけでもなく
「アッハハまたやってらー、一本多く走れてよかったね」程度である。
(計測ミスはモウ一本走れるのだ)

そしてまた耐久レースのドライバー交代の如く
いそいそとドライバーを交代し二走目へ。

結果33秒前半。
矢張り2秒ほど削れたか、と頷きの結果。
現在のところ2位である。このまま行けると良いのだが。
ソワソワしながら他のドライバーが走り終えるのを待つ。

そして最後、計測ミスにより再出走となった彼の出番である。
「ウヘェ・・・サイドターンとか決まってるよこの人、どーすんだ・・・。」

中間タイムもそれなりのものが出ている。半ば絶望しながら結果を待つ。

・・・33秒中盤であった。

危ない。1秒ない差である。
小生がどこかでブレーキを踏み間違えていたら。
ドアンダーを出していたら。
あっさり塗り替えられてしまうタイム差である。
しかしなんとか、オーナーとしての面目を保った次第である。

そして、先にも言ったとおり、以後小生タイムは塗り替える者は無く、
やりはじめて約1年にて、小生はミドルクラス2位を獲得した次第である。

実は初ポディウムであり、かなり舞い上がってしまい、
関係諸氏にはご迷惑をお掛けしたことをここにお詫びしたい次第である。

さて、レポートも書いたし早めに寝よう・・・。
posted by 珠洲 at 23:11| ウィーン ☀| Comment(41) | TrackBack(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月29日

生存121-123日目

生存である。
日記は強制されて書くものではない気がするが、
強制でもされないと「今日はイイヤ」になってしまうと
思った次第である。

-----

本日はフォーミュラTDUであったわけだが
それはオトの日記(れびん馬鹿(仮))を参照していただく事として

本日のスポットはその後に実行された
ロールケージの仮組みに当てたいと思う。

お手伝い頂いたのはオトおよびシンヤン。
全員がフォーミュラTDU(カート)でヘトへトになっているにもかかわらず
ケージを組んだのである。

感想的にはまさにパズルであった。
車の真ん中でつっぱっているパーツがあるのだが
それを車内に入れるときアアでもないこうでもないと
ぐるぐる回していたのが非常に印象深かった。

組みあがった当時は夜であったため
明日の生存報告に、詳細な写真は載せたいと思う。


さて、なんか目が痛くなってきたので寝よう。
posted by 珠洲 at 23:13| ウィーン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月25日

生存・・・何日目であろうか

生存である、何日か逆算するのが面倒なので
お手が空いたカタにお願いしたい次第である。
他力本願が小生の常であるゆえ、オト辺りを逆指名させて頂きたい。

というわけでヨロwwwwwww>オト


さて、ペイデイが近づいてきたわけであるが
小生の財政は現在において火の車である。

26日まで生き延びれば一気に解決するのであるが、
周囲のかたがたに迷惑をかけまくって今日まで生存している次第であったりする。

とはいうものの、給料が入れば車に消えるのが常であり
本日も散財をしてしまったのである。どうせ26過ぎれば金入るし、と。

http://page12.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p16375730
ストラトタワーバー(R)

http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r10956344
リアピラーバー

http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n16676264
ロールケージ(6点ダッシュ逃げ)

である。
しめて4万5千・・・今にしておもえばかなりの出費である。
しかし愛するシビックタンの為であれば。
転がったときに自分が無事であれば、生存できれば。

この程度をバーに費やすぐらい大した事ではない・・・筈である。
特に一番最後は重要である。

ボディ合成がヤワヤワであるEG6に於いて、
前転→死
横転→死
巴投げ→死

これぞ即死コンボである。
それを回避すべくロールケージ(Roll(回転)Cage(籠))なのである。

黒ハチを駆るシンヤンも導入すると言っていたが、どうなるのであろうか。

さて、明日は休みだ。マッタリしよう。

posted by 珠洲 at 02:19| ウィーン | Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

生存81-86日目(その2)

生存である、頭が痛い&眠い。大分グラグラであるからして文章もグダグダであると思われる。

------

さて、先日の旅行から帰ってきて床についたのが大体で2時〜であったからして

本日6時集合だとかなんとかだといっていたような気もしないでもないジムカに遅刻したとて

だれが一体私を責める事ができようか、いやできまい(反語)

前置きは良いとして、朝しんやん氏に電話でたたき起こされた小生は、30分で桶川スポーツランドへ急行した次第である。

よくよく晴れ上がった空、ほどほどに快晴である。風が少々強いのが難点であるものの

2月に行われた第2戦(第一戦だったか忘れた)に比べれば寒さ等から考えると雲泥の差である。

小生はやはり始めてクラスである。

これは小生がオト、しんやん氏に「絶対ポディウム(表彰台)に乗るまで上にいかねないからな!」と

力強く断言してしまったからであるが、長らく不調の為まったく表彰台に乗れなかったことも起因する。

さて、タイヤを履き買えLSDを装着した小生。どんなものかとフリー走行に繰り出してみたものの。

・・・・案外良いかもしれん。

隣のオトは一心にビデオ撮影していて具体的なコメントを頂けなかったのだが、

別にそんなこたぁしったこっちゃねえとガンガンミニサーキットを攻め込む小生。

いや、はたから見たらそうは見えないのかもしれないが、小生にしてみれば何と言うか120%である。

「オラオラ行くぞコラ遅いぞコラ! ほ、ほーっ、ホアアーッ!! ホアーッ!!」と奇声を上げつつ

安全マージン?なにそれシラネと言わんばかりのアクセルベタ踏みっぷりを如何なく発揮させて頂いた。

そしてハプニングは二度目のフリー走行にて起こった。

小生の隣にはしんやん氏、しんやん氏を乗せると小生のヘタレっぷりが丸裸になってしまうゆえ

今まで敬遠させていただいたフシもあったものの、タイヤとLSDでノリノリホァァーッ!な小生は

無謀にも同乗をお願いした次第である。快諾して下さったのは幸いであった。

二週三週とホアホア走りをした後に、第一コーナー付近に異変が。

どうやら土煙が上がっている。土手のアタリ・・・・ってアカハチ―――――(゚∀゚)―――――!?

そう、TDUMSCアカハチ(シンヤン氏達の部車である)であった。

そういえばあれのドライバー君はジムカでもあんまり見ない子だったが・・・。

同乗していたオトと共にその身を案じつつ残り一周でも「ホアアーッ!! ホアーッ!!」と走ろうとすると

「赤旗だからスローダウンしてくださいよ、忘れたんスか?」

ヒートアップするあまりシンヤン氏から突っ込まれた罠である。

そんなこんなでピットに戻った小生であるが、どうやらアカハチのドライバー君、オトともに無事であった。

アカハチは結構大変なことになっていただけに、僥倖である。

さて・・・肝心のジムカーナ一本目二本目であるが・・・。

言いたくない、子供で居たい(ry

何というか、大風呂敷広げて大恥をかいた状況である。

小生:「(自分の走行の二本目が終わり)このタイムならシンヤンにも社長にも勝てる気がする!」

シンヤン氏;「む・・! じゃあ、負けたらどうします?」

小生:「膝ついて謝ってあげますよウヘハハハハハハ!!超ヨユーっすよウェハハハハ〜♪」

-------20分後

シンヤン氏:「(走行が終了しピットへ戻ってきた)ホラホラ珠洲、何か俺に言うことあるんじゃないの?(笑」

小生:「・・・・申し訳ありませんでしたもうしませんゴメンナサイorz」

見事に逆転されました。

土下座しました。

・・・オロローン(ノД`)・゜・。

オトには僅差で勝利を収めたものの、もう一本あったら逆転されたとも解らないといった所である。

小生もここで満足していてはいけない、前進を続けねば・・・。と思った一日であった。

さて、明日は会社である、早く寝よう。

------

posted by 珠洲 at 00:09| ウィーン | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月21日

生存81-86日目(その1)

やっぱり生存していた土曜日〜日曜日(3/19-3/20)と

小生は古くからのなじみである面々と松本まで湯治に出かけた次第である。

当然といえば当然であるが、小生が運転手であるわけで

我が家のオデッセイを借り出して行って来ようという寸法である。

さて、移動自体はつつがなく完了したのであるが

到着してからが躓いていたような気がしないでもない。

とりあえずお師匠に道案内を任せると2/3ぐらいの可能性で迷える事や

PCに搭載したナビゲート(命名:ノエルたん)がひたすらに高速道路を使用する経路をとらせたり

(これは後に「高速を使用する」オプションになっていたからと判明)

血反吐吐くまでアリアンロッドでランダムダンジョンを行っていたら

案の定次の日グロッキーになっていたりと、ハプニングには事欠かない紀行であった。

念のため言っておくと、温泉自体はとても快適であったことだし

松本城はとてもなんというか鉄砲に偏向した展示物や、いやに急な階段で膝が痛くなったりと

その点だけに関しては普通に観光していた次第である。

話を小生の事に戻すと、最大の汚点は帰りに渋滞にハマってしまったことであろう。

きたときと同じルートを選択していたらこのような事態になることは予想して然るべきであった。

正直に反省すべき点であり、改善すべき点であろう。

しかし7時間にも及ぶドライブも、同乗者が協力的であるととても楽しいものになるのである。

眠かったであろうが会話に付き合ってくれた同乗者達には感謝してもしきれないものである。

小生が寝ずにドライブできたのもそのお陰であろう。

さて、次も書かねば。
posted by 珠洲 at 22:05| ウィーン | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月15日

生存78-81日目

生存である。

-----

昨日(3/14)は社長のロードスターとお別れ会であった。

すなわち、小生のシビ子たんが退院したのである(゚Д゚)

社長の絶え間ない努力と勇気と愛に小生は頭が上がらない次第であるわけであるが。

長らく待っていただけに感動もひとしおであるべきであって。

受け取ったその日に60キロぐらい走ってしまったわけである。

さて。そんなこんなで本日であるが

オトとシンヤンが後ろに居る・・・。

先ほどから微妙に文体が可笑しいのはその所為であって

本来の小生の実力を遺憾なく発揮すればこんな二人には負けないと思われる。

しかし、先ほどシンヤンにコッソーリと

「この車でタイム出なかったら、マジシビック乗り辞めた方がいいっすよ(笑)」

なんていわれてしまい、さりげにショックから立ち直れなかったりする。

次回のジムカに出られるか五分であるからして、

何とか出たいとは思うがプレッシャーである。

というか、本気でプレッシャーは勘弁であるのだが、二人には何を言っても無駄であるからして

何も言わないでおこう。

さて、明日は早出なんだが・・・早く寝られるだろうか。
posted by 珠洲 at 20:44| ウィーン ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月12日

生存76-77日目

生存である!

------

本日は問題なく一日が過ぎていった。非常に面白みの無い一日である。

仕事は激務であった。心の休まる暇も無かった。飯も食わずに働いた!

ガチで飯が食えない仕事は久々であった。

シビックの居ない生活に慣れ始めている自分がいるのが酷く情けない感じではあるのだが

社長のロードスターも面白いのでそれはそれで組みあがるのをマッタリ待とうと思う次第である。

15日までに戻ってくるだろうか。運命の切れ目である!

さて、明日も仕事であるからして早めに寝よう。
posted by 珠洲 at 01:54| ウィーン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【F1】超主観的F1な話。ドライバー編。

久々の自前ネタカテゴリである。
今日はみなのお待ちかね!(何) アゴ兄さんの紹介だよー!

---------
名前:ミハエル・シューマッハー(Michael Schumacher)
国籍:ドイツ
所属チーム:フェラーリ
CarNo:1

F1実況板等での呼称:顎、顎兄
俺内呼称:アゴ

最初の紹介はアゴ兄である。
シリーズチャンピオンを8度も取っている超人。
私が実況板を見た2004シーズンに限っては
彼が走るたびに「顎空気嫁」のレスで50レスつくのはザラであった。
それほど空気を読まない御仁なのである。

BARとルノーが良い勝負をしている中独走。
BARとルノーが早々にリタイアしても独走。
予選ポカって14位ぐらいでスタートしても気がついたら独走。

「とりあえず1位は顎だから、2位以下の勝負を見よう」
そう思わせてくれる素敵なドライバーである。
実際、中継等を見ていると1位は時たま思い出したように写る。
それも決まって独走である。

そんな顎兄であるが、2005年は新車発表がフェラーリの都合(?)で遅れ、
開幕戦を2004年モデルの改良版で挑んだようである。
その所為か10位以下フィニッシュである。どうしたんだ顎兄。

そんな顎兄が小生は大好きである。
posted by 珠洲 at 01:31| ウィーン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自前ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月09日

生存75日目

せいぞん。

------

社長「シビック組みあがるよ。」

小生「マジっすか!? とりいきます!」

社長「おまちしてます。」

21時ごろ到着。

そこにはFタイヤ以外元に戻ったいとおしきシビ子タソが。

早速エンジン点火!

ギャリギャリギャリギャリギャリギャリ

どこからとも無くもれる擬音。

社長「三速〜四速がおかしいなあ。ドラシャなんで抜けるんだろう。」

小生「あ・・・あ・・・・あああ・・・(ノД`)・゜・。」

社長「ホントゴメン、明日やっとくわ。」

小生「おねがいします!」

そして小生はロードスタータンを駆り家に帰る。風呂入って今。

ふてね。
posted by 珠洲 at 23:24| ウィーン 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月08日

生存73-74日目

生存である。悶々。

------

さて、今日は良い陽気であったため。AUTOSTAFFへバイクで繰り出した次第である。

最近は寒気も大分和らぎ、バイクも冬眠から目覚める季節であることを痛感した。

本日はシビック大改造計画が完了する手はずであった。

しかしウキウ気分で社長の元へ向かった小生に待ち受けていたものは

「LSDのギアが合わないので発注したよ、明日には届くからまああさって取りに着て」

という過酷な現実であった。

まぁ、仕方ない。その分代車のデモカー(ロードスター)に乗っていられるので良しとする。

しかし悶々。もう5日もシビ子たんへ乗っていない。ションボリである。

社長と支払いの件について話していたが、ローンにすることに落ち着いた。

半年ローンである。また悪夢のローン生活である。ガックリ。

そんなこんなでボケラーと社長と談笑していたところにオト登場。

奴は留年が決定しているのにマッタリしていた、良いのかそれで。

LSDのオイルを交換するとの事で、その作業をボケラーっと眺めていた次第である。

作業中のオト:


オトが作業しているのは見たことがあるが、社長が作業しているのは始めてみた。

流石プロ。信頼のできる手早い作業である。

皆様も車でお困りのことがあればAUTO STAFFへ!(宣伝)

その後にハチロクに乗ったシンヤン氏と弾猫氏が到着。

社長のヒルクライム映像を拝見したり、ジムカーナの申し込み等を行い時は和やかに過ぎていった。

さて、弾猫氏はFCでジムカーナ参戦決定!

同じクラス(ポディウム乗るまでランクUPできません!)のライバルとして

大いに期待させて頂くとする。

さて、明日は普通の早出だ、早く寝よう・・・。

------
おまけ:

ギアボックスのないシビ子。物悲しき哉。


分解されたギアボックス、これがないと走りません。


今回の目玉、機械式LSD。部品代でしめて12万円なり。
posted by 珠洲 at 23:11| ウィーン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。